読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花と邂逅

小・中学校を不登校と保健室登校で過ごした自分を振り返ってみます。

     ▷  小・中学校を不登校と保健室登校で過ごした自分を振り返ってみます。社会不安障害、元・起立性調節障害です。

? )      Top  日常とか  不登校  学校  音楽  日記(管理人)について

私はなぜ教室へ行けなかったのか、理由を考えてみる

 不登校 関連  中学校  小学校

 

 

 

今回はタイトル通り、教室へ行けなかった理由を考えてみます、、!

「嫌だったから」というと一言で終わってしまうんですが、まあ何かしら大きくも小さくも原因や理由みたいなものはあると思うので。

 

ちなみに、教室に”行けなかった”のか”行かなかった”のかは未だ自分でも分からないままです。

 

 

 

 小学校

 

小学校時代、不登校になった大きな理由をひとつ挙げるならいじめ。ということで、教室に行けなかった理由は

 

  • 前触れもなくいきなり休み始めて、クラスメイトに会うのが怖かったから

  • 前触れも(略)、クラスメイトに何を言われるか言われているか想像しただけでもう2日は引きこもり

  • 教室という空間に戻りたくない

  • 教室とか考えただけで吐くしおなか痛い調子悪い

  • 友達に話や趣味を合わせるのに疲れた、悪口&陰口ばかりのいじめに疲れた

  • 朝起きれない、しかもめっちゃ気分悪い

  • 先生(担任)には頼れないと思っていた

  • めんどくさい

 

だいたいこんな感じ。何年間もいじめが蔓延した教室からやっと抜け出せて、もう戻りたくないっていうのが本心です。

それに小学校では、登校拒否になったあと行こうと思う気さえありませんでした

 

この頃はまだ教室がいやなだけで外に対する恐怖心などはなかったです。学校は行かずとも、ほぼ毎朝学校までの通学路を散歩していました。人が苦手ということもなかった、はず。

あ、あと吐くとか言ってますが気持ち悪くなって本当に吐いたことは今まで一度もないです。いっそ吐ければ楽なんですが、、、!!

 

 

 

 中学校

 

問題は中学です。まったく行く気がなかった小学校と比べそういう訳にもいきませんし、青春もしたかった!ので、教室に行こうかなってすごく悩みました。

中学校で不登校になった理由は、たぶん学校に毎日行くのがしんどかったからだと思います。というのも、小学校と比べ中学では良い友人に恵まれ(でも上っ面だけで心は開けない)いじめとは無縁な学校生活を送れていたにも関わらず不登校になってしまったので。理由がないんですよね。

 

だから、中学3年間、行こうとしたけど教室に行けなかった理由は、

 

  • 一度休んでしまうと行きにくい

  • 知らない人ばかりだから行く気はあるけど、やっぱり怖い

  • 教室という場所が苦手になっていた

  • 友達との距離がうまくとれない

  • 学校内ではずっと気を張ってて落ち着けなかった

  • 異性が苦手&怖くなっていた

  • 人目が気になる

  • 勇気がなくなっていた

 

と、学校やクラスに問題があるというよりも、小学校でのいじめ&不登校の後遺症が大きいような気がします。

ざっといえば、前より緊張しやすく、人が苦手になってたんですね。そして思春期(?)ということで人目がすごく気になってました。あと、疑り深くなってました。他人が「こうだよ!」って言ってることを「そうなんだ!」って聞きながら心ではまったく信じていないような性格に。

 

中学校では、ほんと少し頑張れば教室に行けたんですけど。

その少しが中学生の自分のとっては大きかったです。大きな壁を壊した先は谷底のような不安。あ、でも不登校中は”壁を壊す”より”壁を避ける”という感じの方がしっくりきますね。壊さないけど、進む。やりきった!って実感のわかないことが多かったです。

 

 

不登校は長期戦です。

教室に行こうかなって書くのは簡単ですが、思うまでには何カ月もかかりました。そして思ってから行動に移すまでがまた長いんです(私だけかもしれませんが)。学校へ行こう!と誘ってくれる人はいたけど、急かすことなく一緒のペースで歩いてくれる人はとても少なかったように思います。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする