花と邂逅

小・中学校を不登校と保健室登校で過ごした自分を振り返ってみます。

     ▷  小・中学校を不登校と保健室登校で過ごした自分を振り返ってみます。社会不安障害、元・起立性調節障害です。

? )      Top  日常とか  不登校  学校  音楽  日記(管理人)について

コメントお返事


>> 月とみかん さん

こんばんは、ささめと申します。サイトにたどり着き、また読んでくださってありがとうございます。メールアドレスを書いてくださっていたのでコメントは公開していませんが、喜びながら読ませていただきました。ありがとうございます!
メールのほうでもお返事させていただいたのですが、フリーメールですのでもしかしたら届いていないかもしれないと思い、同じ文ではありますがこちらでもお返事させていただきます...!

ご質問の返事ですが、スクールカウンセラーにしかないものは、私は「人の居場所になれる」ことだと思います。
学校では教室も、保健室でさえも人の出入りがあって自分の居場所とは思えず緊張しっぱなしだった私ですが、スクールカウンセラーの先生と会える相談室だけは毎週楽しみにしていた、学校のなかで唯一安心できる居場所でした。自分の話を50分しっかり、否定せずにきいてもらえる場所というのは、普段の生活の中でもなかなかないものだと思います。急かさずに引かずに、なんでもきいてもらえる先生の存在は、家でも親に弱音を言えない自分にとっては本当に救いでした。

カウンセラーの先生などは人の裏の話をきくことも少なからずあって解決できない問題もあったりと大変なこともあるでしょうが、人を救い上げることができる職業だとも感じます。私自身も不登校から今ここまでカウンセラーの先生に支えられて、長い休憩からまた歩き出せたようなものです。そんな風に、疲れてしまった人の休憩所、居場所になれるお仕事ではないでしょうか。

月とみかんさんが望む道に進めますよう、少しでもお力添えができていれば幸いです。また、気になることがあったらいつでもいらしてください...!
受験に向けて大変な時期だと思います。季節の変わり目ですので体調に気を付けて頑張ってくださいね。応援しています!

ささめ

広告を非表示にする