花と邂逅

小・中学校を不登校と保健室登校で過ごした自分を振り返ってみます。

     ▷  小・中学校を不登校と保健室登校で過ごした自分を振り返ってみます。社会不安障害、元・起立性調節障害です。

? )      Top  日常とか  不登校  学校  音楽  日記(管理人)について

□ ものの考え

 

疲れると、やめるということがとても難しくなる。考えが狭まって、すべてを終わらせることしか手段がないように思えてくる。

すごく嫌なことがあった。これがあと数日続く。心細くて不安で嫌すぎて家で大泣きしながらもう行きたくないと思ったときに、嫌なところに行きたくない→ここに行かないと大学で困ることになる→なら大学をやめるしかない→大学やめたら困るじゃんやめられない→死ぬしかない、という考えが頭のなかで元からあるべき流れのように違和感なく淀みなく繋がった。1秒足らずでこの結論にたどり着いた。

疲れたときはよくない。人に悩みや愚痴を話せるうちはまだ元気が気力が、というよりも生きる余力があるのだと思う。昨夜の自分は人とものを話せず、人の話に相づちをうつこともできない笑えない、集中ができずに相手がなにをいっているのかわからない、とにかく、死にたいどうこうよりも人の形を保つだけで精一杯だったように思う。

生きているだけで場所をとるしお金はかかる。望んでいないのにどうしてここまで頑張りながら生きなければならないのかと思う。最近、ただただ生きていることに疑問がわいてくることが多くなった。生きる気力がないのに生きててもなって感じ。なんで生きてるのかって本当に疑問に思うだけで、死にたいなあとか深い意味はないけど人とは話辛い話題だから、答えがみつかることはない。

閑話休題

ともかく、疲れると正常な判断ができなくなることを実感した。ブラック企業で働き詰めになって、会社を辞めるのではなく自殺を選ぶ方の気持ちがよくわかった。気持ちがわかるというよりも、選択肢がそれしかないという感じで当たり前のように死を選んだような感覚だった。

「むしゃくしゃしてやった」もこれに当てはまるのかもしれないと思った。

 

自分の人生に目標が見いだせないだけでこんなに生き辛く疲れるなんぞ不公平なものだと思うよなあ。ほんとう休息は大切だよ。

 

□ 人に揺らされるとき

 

先週辺りから調子がよくない。なにかをやらかしてしまったというより、人に対してすごく敏感になって、いつもなら流せるようなことをひとつひとつ真に受けてショックを受けてるような感じです。

例えば母に部屋片付けてとか文句をいわれただけでぐわって怒りがでてきたり、泣きそうになったりします。あ、気持ちが乱されたって瞬間がすごくわかる。すごくうまいことバランスを保って100%になっていたのが、元気なときなら80.60%で留まるところが、調子がよくないときにはひとつの出来事で0%になる感じ。

言い方わからないけど物で例えると、足場がしっかりしたものじゃなくてすっごく細いロープになったとか、自分を支えているものが太い丸太から割り箸になった、みたいな、そんな感じ。

とにかく、「折れたな」って瞬間がここ毎日あって、実感もある。気持ちが揺れて、勉強してたりしてももういいやって全部放り投げてしまっています。落ちた分を回復しないと物事に向き合う気にもならないです。

改善策としては、とにかく原因のものを遮断すること。いつもより歪んで何倍にも勝手に悪意を増やして自分が受け取ってしまっている可能性もあるから、まずは

①聞かない ②見ない ③その場を離れる

こと。それから、回復のためには音楽をきいて、時間がたつのをまって、好きなものをみること。他の家族に文句をきいてもらうことも試したけど、「それはあなたが悪い」なんて相手に自分が求めていること以外の、しかも逆効果なことを言われてもっとギャーってなってしまったこともあるので話す人は選んだ方がいい。

あとは、今日はこの敏感な傾向が強いからなにかあるまえに、緊張する用事がなくても薬を飲むようにしました。飲んだってだけでも楽かな。とりあえず、焦らず自分のペースで堂々としたい。

 

□ ははというもの

 

母と会話をすることが難しくなりました。何年か前から母はひとりの人だと感じるようになり、そのときに考え方はあんまり合わないなと思っていましたが、最近はよりいっそう。

話しかけてもスマホばかり見て顔も上げないし、反応も相槌のみ。疲れているんだなって思うようにしているし実際にそうなのですが、妹が話しかけると楽しそうに会話をします。おそらく、話の内容だとか声のトーンで受け入れる話を判別してて、深く考えないで済んだり自分の意見を求められない一方的な報告の「友達と○○したよ」「今日こんなことがあったよ」の話だとか、これをした!楽しかった!の楽しくはしゃいだ雰囲気のものは母も聞くことができるんじゃないかと。そういうふうに見ていて感じました。人の恋愛話とかね。妹は天真爛漫という言葉がぴったりの人だから、話で人を楽しくさせることがとてもうまいです。

対して自分は考える話が大好きです。「こんなことがあったよ」の終わった事実より「これはどんなことがあってこうなったのかな?」「こうなった結果について自分はこう考えたけど母はどう?こっちを選んでたらどうなる?」みたいな掘り下げた、まだ見ぬ可能性を想像する話が、人との間に起こった楽しい嬉しい出来事の報告よりもなによりも楽しいのです。人との関係についても「友達と遊んで楽しかった!この子やっぱり好き!」より、「友達がこのときこうしたの、そういう風に考えてて人が思いやれるところがあるから自分も一緒に居やすくて好きなの」というふうにしか話すことができません。それは自分の良さでもありますが、母には合わず、互いに重荷になるのです。

「友達とこんなことがあった、たいへん!母どうすればいい?」妹は自分についての話をできるのに、「こんなことがあって、そのとき自分はこう感じた、あとから良く考えたらそれはこうだったからだと思うんだけど、でも頑張れたと思う。母はどう思う?」自分の話は聞き入れてもらえない伝わらない。

意味を理解してもらえるもらえないの前に、話を聞いてもらえない。疲れた母は自分の声を話をそもそも聞こうとしない。受け入れないというよりも、受け付けていない。

 

話はかわりますが、自分は心理カウンセリングに中学時代から通っています。高校、大学に進むにつれ相談場所も先生も何度か変わり、現在も含めると計5人の先生にお世話になりました。その過程で2度、2人の先生より、もうカウンセリングは必要ないねと言われたことがあります。面談のなかでいきなりです。先生のなかでは徐々にであっても、自分にとっては死刑宣告のように唐突でした。

ひとりで社会に、知らない場所に放り出されたような気持ちになりました。緊張しながらもいろんなことができるようになった、という自分の状態が良くなったことでそう伝えられたのだとはわかりますが、自分には自分の考えをまとめられる、受け入れてもらえる場がないのです。外で緊張したことを家に持ち帰り落ち着いて考え、どうして緊張したのか、次はどうすればいいのか、これを長年ひとりで抱えるのはとても苦しいことです。だから、他の人はこういうときどう思うのかな、自分は頑張れたのかなって確認する吐き出し場が定期的に必要だけど、母には重く深いからしんどいと受け取ってもらうことができないため、家で発散することはできず、結果カウンセリングの場でしか自分の根本についての話をすることができません。これはいくら仲の良い友達といえど、きょうだいと言えどもできない話です。

やはり、自分には吐き出す場所が必要なのです。家でそれが望めないから始めたこのブログだったりカウンセリングだったりですが、それらのおかげでなんとか今も壊れずにいられている気がします。

最後に、母は悪い人ではありません、弱いけど、ひとりで娘を育てているとても強い人です。自分は母みたいにすごい人にはなれません。それでも母と自分は家族であれど他の人であり別の人間なので、自分のことは自分で支えるしかないのです。

また要領の得ない話になりましたが、なんとなくでも伝わることがあって、わかる人がいらっしゃいますと嬉しいです。

 

お久しぶりです。疲れたーーーーーー!!!!!!

なんとか内定も決まり就活もおちつきました。ここに行きたい!って会社もないのでここでいいのかな?なんていう感じでまだ決めきれてはいません。なんかいろいろなあなあになっちゃったな。あんまり実感もないですがまたお祝いしようかな。最近節目節目のお祝いが大切に思えるようになってきました。

 

大学の方も結局オンライン続きで、今年の前期はそのときはお家生活楽しかったけど、いま振り返ってみると中身のないものだなあとも感じます。時間が有り余っていたので自分のことについてもすごくすごく考えました。

パソコンの調子が悪い。つかれた。またきます。

□ 就活で感じた話

この面接だめでした!!!!!!想像していたよりショック受けてる気がします。

https://xxx-01234.hatenablog.jp/entry/2020/06/02/221210

就活してて不採用通知くるの、その企業さんと縁がないか合わなかったって思うようにしてるし本当にそう思いもするんですが、それでも不採用になると自分に問題があるように思えてならない。なんだろなあ、面接で自分の経験とか今までの話をしてるから、自分の内面を否定とまではいかないけど受け入れられなかったような気持ちになるんですよね。あと就活してて感じたことは、自分の性格就活みたいな自分を売り込む場とほんっっっっとうに相性が悪い。自分、思ってた以上に堅くて真面目すぎるかもしれない。あとカウンセリングで自分の内面のことよく考えてるから、もう一生なおせなかったり変わらない考えや性格の部分が見えたりもして、就活で必要な「短所はこうだけどこれはこれから改善するよ!」みたいな紹介が、「自分はここが弱いけどこれはもうなおらないから認めてしまおう」みたいに納得と肯定を続けてきた自分にとってはすごく気持ち悪い。面接では改善できますみたいにそういう風に言ってるけど、そのままの自分で頑張っちゃだめなのって考えてしまってつらくなってきた。大学生活ここまで頑張って緊張が少しでもましになるように、世の中の生活に入っていけるように目指してきたけど、こんなに見目を繕うというか心身ともに健康です!!って感じでにこにこしてまで採用もらわないといけないのかって思うと泣けてくる。自分の頑張りなんのためだったんだろう。

毎日なにかができるようになってもそれは社会が求めてる能力じゃないし、まず日々を円滑に進めることすら自分には違和感があるのに。不採用はつらいけど、結果にというよりも、不採用ってことは自分になにか足りない部分があるんだなと考えてしまうことがきつい。それが努力で補える部分だといいんだけど、おそらくそれではないような気がする。人格的な話だよなあ。

ここまで6つくらい対面やwebで面接受けて、仕事ができるできないとかは入ってからわかることで、面接みたいな短い対面の場では印象がなによりものをいうなという印象でした。自分は万人受けするような、そこにいるだけで人が集まるような、思ってることを良いことも悪いことも素直にいえるような人にはなれないから無いものねだりとはわかってるけど、それでも勉強とか努力の面じゃなくどう頑張っても手に入れられない変化しない根っこの部分を採用選考の基準に入れられちゃうと真面目にやってきた自分がすごく惨めに思えてしまいます。同じ採用面接なのに自分は堅くて試されるような質問しかされなくて、なのに他の人は雑談みたいに盛り上がったよみたいな話をきいたときに、自分が永遠にもてないものを突きつけられたようで本当に惨めでつらかった。こういうのはどうしようもないもんね。真面目で落ち着いた賢い人って私大好きなんだけど、あらゆる場面で元気で頭はよくないけど愛嬌があるような人に場所をとられてしまうような気がする。同じ失敗したのに、真面目は人はしっかり謝った末での「いいよ、よく反省してね」なのに、可愛がられる人は失敗しましたって謝ってもないのに「全然いいよ」って笑って許されるこの違いは一生埋まることはないと思う。なんだかなあ。すごく妬ましい話になってしまったけど、自分は圧倒的に前者だから、そういう人格的な選考が入った採用選考をすごく不公平で理不尽でつらいものだと感じてしまいました。

 

今回は縁がなかったなってことでおわり!きっと自分もいいところあるよ。落ち込んでも頑張ってるからすごい。不登校の学生さんをサポートするお仕事がしたいなあ。今通ってる学科と全然関係ないけど、手に職っていうよりも自分の生き方とか考えに沿ったお仕事の方が自分には合っている気がする。

 

□ ライブ

 

やばい最高これ!!!!!!!!!!!

このi doがひたすら聞きたかった、、ニコニコありがとう、、

【無料版】たなか、nito、kent watari アニソンカバーライブ「birthplace vol.1」 https://nico.ms/so36942781?cp_webto=share_others_androidapp

ちなみにこれこのアニソンカバーライブ1回目の映像なんですが、今年の2月にあったvol1.5のライブは自分も大阪公演に行ってました。いやーほんとアニソンもたなかさんも大好きでよかった。ニコ生でvol.1放送されてたときも最高によかったけど、やっぱり生歌って圧が違いました。この方が鼻歌でも歌を歌ってるってことがとにかく嬉しい。

あといまニコニコプレミアム会員でほんとうによかった!!!いま気持ちはにっこにこ

コメントお返事

 

青木さん、コメントいただきありがとうございました!!

新しい記事としてお返事書くか迷ったんですが、昔の記事だから最近の更新はみてないかもしれないと思いコメントをいただいたページにそのままお返事させていただいてます。

https://xxx-01234.hatenablog.jp/entry/2016/01/08/153737

すごく長くなってしまって読みにくかったらすみません…!無理だけはせず、ご自身のペースで…!!少しでも、青木さんがいい方向に向かえるよう全力で応援しています!